ドッグトレーニングに必須な基礎知識

犬を効果的にトレーニングしていくためには

犬に関する知識が必要です。飼いたい犬種が決まっているならその犬種のキャラクターについて知っておくことが大切です。

 

しつけの基礎とは

人間と共同生活をしていくために必要なスキルを身につけさせるのです。

 

普段からしつけ

ストレスをあまり感じることなく人間と犬が付き合っていくことができるのです。

 

 

 

犬を効果的にトレーニングしていくためには犬に関する知識が必要です。ご存知の通り、一概に犬と言っても犬種は様々です。犬種によって多少性格が異なるので、それによって飼いたい犬を選んだり、飼いたい犬種が決まっているならその犬種のキャラクターについて知っておくことが大切です。

 

犬種ごとの性格の違いに加えて、犬も人間と同じように1匹1匹に個性があります。飼い始めてからも、性格を理解してあげるように努めるとトレーニング方法もいくらか調整できるかもしれません。

 

しつけやトレーニングというと、「お手」や「お座り」などをイメージする人もいると思います。もちろんそれらはしつけの基礎となることですが、さらに多くのことを犬に教え込んでいかなければなりません。人間と共同生活をしていくために必要なスキルを身につけさせるのです。きちんとしつけられておらず、よく言えば自由に生活している飼い犬もいます。

 

しかし、それでは言うことをきかずに飼い主にとってもストレスになりますし、急に叱られたり思い通りにいかないことが多いと、犬にとってもストレスです。普段からしつけておけば、ストレスをあまり感じることなく人間と犬が付き合っていくことができるのです。そのほうが犬にとって幸せなことです。

 

他人と接するときの態度も、トレーニングされた犬とされていない犬とでは全然ちがいます。例えば、散歩に出かけていくと自分勝手に好きな所に歩いたり、知らない人にとびかかったりしてしまうかもしれません。それでは他の人に大変迷惑がかかってしまいますし、飼い主も恥ずかしい思いをします。

 

家族だけじゃなく、他人に迷惑をかけないためにも、飼い犬をきちんとしつけとトレーニングしておく必要があるのです。

 

飼育前に身につければしつけも楽

子犬の頃のしつけ

人間とどのように暮らしていくかを幼い時からトレーニングさせることは大切です。

 

必要なスキルを子犬の頃から訓練

トイレは幼い時からしつけるとより効果的です。

 

犬に合わせた最善のトレーニング

犬を飼う前に飼い主がしつけやドッグトレーニングに関する基礎的な知識を持っておくことです。

 

犬は産まれてから数ヶ月は社会に適応する期間です。群れで生きてきた祖先たちのDNAが受け継がれていて、集団の中で自分がどのように生きていくのかを幼いときに学びます。

 

ですから、人間とどのように暮らしていくかを幼い時からトレーニングさせることは大切です。犬を家に迎え入れてから、飼い主がしつけやトレーニングに関する知識を勉強しはじめては遅い場合もあります。子犬の頃のしつけに失敗すると、それを強制するのはとても難しいことです。

 

吠え癖や噛み癖といった悪い癖はなかなか直りません。1番良いのは、犬を飼う前に飼い主がしつけやドッグトレーニングに関する基礎的な知識を持っておくことです。そうすれば、犬が子どもでまっさらな状態から、社会的に生活していく術を教え込んでいくことができます。

 

子犬の頃から食事の取り方、さんぽの仕方、トイレの仕方、他の人との付き合い方など、人間と生活していくために必要なスキルを子犬の頃から訓練するのです。特にトイレは幼い時からしつけるとより効果的です。逆にトイレトレーニングが完了しないまま大人になると教え込むのが難しく、家の中が大変なことになってしまいます。

 

最初からトイレのしつけ方法を知っていれば、家に来た日からすぐに教え始めることができます。さまざまな犬に関する知識があれば、飼い始めた犬にどんな個性があっても対応しやすくなるでしょう。犬に合わせた最善のトレーニングをしてあげることができるかもしれません。

 

初めて犬を飼う時は準備が大切

 

初めて犬を家に迎え入れる場合、どんな準備が必要でしょうか?グッズの準備も大切ですが、それよりも大切なことがあります。犬を飼うということに対する心構えや、しっかり責任をもって飼育することができるかじっくり考えて準備することはとても重要です。

 

犬を飼うということは1つの命を預かることだからです。まずは、ペットとして犬を飼育する前にそれだけの経済的な余裕があるかを考えましょう。犬を飼うためには毎日のエサ代が必要ですし、おやつやグッズ、消耗品のためにお金がかかります。

 

例えば子犬から飼い始める場合、畜犬登録や狂犬病予防注射、健康診断などにもお金が必要です。飼い始めに必要な費用は、小型犬で50,000円程度、大型犬で60,000円程度と言われています。その後も1年に1回、狂犬病の予防接種が必要ですし、ノミダニの予防薬を投与させる必要があるかもしれません。

 

食費などと合計して、犬を飼い始めてから毎年小型犬で12万円ほど、大型犬では20万円ほどかかるといわれています。また怪我や病気で治療が必要な場合など、臨時でお金が必要になることも考慮に入れなければなりません。犬は10年〜15年ほど生きますから、生涯で300万円ほどのお金がかかることを予測しておかなければなりません。

 

また、犬は動物の中でも特に愛情を求める生き物ですから、時間をとって愛情を注いだり世話したりする必要があります。自分が都合のいい時だけ可愛がるわけにはいきません。毎日の世話をしていくには、時間も労力も犠牲にしなければなりません。

 

自分の生活を犠牲にしてまで、ペットと共に生活していくことができるかどうか、じっくり考えましょう。しかも、その心の準備を家族全員で話し合いこれから協力していかなければなりません。

 

これらの心構えができたなら、ゲージやサークル、トイレ、エサ、リードや首輪、食器類、おもちゃなどを準備して、初めての犬を迎え入れましょう。

 

子犬を引き取る場合は室内で飼育することをおすすめします。子犬は免疫力がなく、気温の変化にも弱いので外で飼うのはかわいそうです。犬を飼う前に犬の居場所を確保しましょう。

 

家族の声がよく聞こえて犬も落ち着けるリビングなどにゲージを設置するといいでしょう。その後のしつけにもとてもいいポジションになります。

 

玄関や廊下など、人が頻繁に出入りして落ち着かないような場所を犬の居場所にしないようにしましょう。ストレスがたまってしまいます。トイレは、自分でしつける場合、トイレは子犬の頃から教える必要があります。必ず子犬を迎える前に準備しておきましょう。

 

プラスチックのベースとはじめのうち犬が外に出ないようにするための柵状の囲い、トイレシートで子犬用のトイレを作ることができます。食器は、フード用の器が必要です。水も器でもいいのですが、子犬は水が入っているのをわからずにお皿をよくひっくり返してしまうので、舐めると少しずつ水が出る給水器を用意してもいいかもしれません。

 

首輪やリードは後でもいいですが、しつけをしていく上で必要になるので、家に迎え入れた日から首輪をつけて慣れさせておくといいかもしれません。また、先述したように、トレーニングに関する基礎知識があれば家に来た日からしつけることができますし、それは犬にとってもいいことです。

 

初めて犬を飼う家庭にとっては、なおさら勝手がわからないでしょうから、まずは犬について学んだり、犬に関する資格取得を目指して勉強するのもいいかもしれません。

 

そうした万全の準備があれば、やってくる犬も戸惑うことなく安心して幸せな生活を送ることができるでしょう。

 

犬に関わる時に役立つ資格の選び方

 

犬が大好きな人は、犬と関わる仕事に就きたいと思って、何かの資格を取りたいと思うかもしれません。また、犬を飼っていて、犬に関する知識や接し方を学ぶために犬に関する資格を取得したい人もいるかもしれません。

 

犬に関するどのような資格あるのでしょうか?
動物に関わる資格はたくさんありますが、国家資格としては獣医師免許しか資格がありません。愛犬のために獣医師免許を取ろうと思う人はなかなかいないと思います。

 

国家資格ではないものの、さまざまな団体が犬に関する資格を認定しています。通信教育のカリキュラムを修了すれば取得できるものもあれば、専門学校などに通って取得するものもあります。単に犬に関する知識を得たいなら、通信教育でも十分に学べると思います。

 

ただし、実際に仕事としてその資格を活かすためには、知識と技術の両方が必要になってくるかもしれません。その場合は実技などが充実している専門学校などに通うほうが良いでしょう。具体的にはどのような資格があるのでしょうか?

 

団体によって名称は異なりますが、ドッグトレーナーの資格があります。ドッグトレーナーとは、一般家庭で飼われている愛犬を預かって訓練や指導をすることができる人に与えられる資格です。犬が人間と共同生活をする上で必要なしつけを行います。

 

ドッグトレーニングには大きく分けて2つの種類があります。1つ目は子犬の訓練です。子犬が人間と共生できるように、食事のルール、留守番の仕方、来客に対する態度、トイレや散歩の仕方などを教え込みます。

 

2つ目は、問題行動のある成犬への訓練です。吠え癖がある、噛みつき癖がある、急にとびかかってしまう、トイレがきちんとできない、言うことをきかない、といった問題のある大人の犬を矯正するための訓練です。ですから、これから子犬を飼い始めようとしている人、あるいは、もう成犬になっているけど悪い癖をやめさせたいと思ってる人は資格取得を目指してみてもいいかもしれません。きっと愛犬とより良い関係を築くことに役立つでしょう。

 

他の資格としてペットトリマーも人気の資格です。ペットトリマーとはペットの美容師で、主に犬や猫の毛を刈って整えることができる人に認定される資格です。

 

ペットの毛が伸びすぎると、見た目がみすぼらしくなってしまいますし、汚れをそのまま放置しておくとペット自身や飼い主の健康を害することもあります。この資格のために勉強し技術を磨けば、ペットの毛のカットやシャンプーが上手にできるようになります。その他にも、爪切りや耳掃除などの体のケアに関する技術も身につきます。

 

こうしたスキルが身につけば、自分の飼っている愛犬をカットすることもできますし、自分好みにアレンジすることもできます。ペットトリマーは体調の変化に敏感に気づいて飼い主に伝えるという仕事もあるので、ペットのカットやシャンプーをする美容の技術に加えて、動物の栄養、病気、飼い方に関する知識も必要です。資格取得後はペット専門店やトリミング専門店、動物病院で働くこともできるかもしれません。

 

資格を取得するにあたっては、犬に対してどんなことをしたいのかをイメージするといいでしょう。犬とどのように関わっていきたいか、愛犬に対してどんなことをしてあげたいかで目指す資格は変わってきます。

 

犬が大好きな人は、犬と関わる仕事に就きたいと思って、何かの資格を取りたいと思うかもしれません。また、犬を飼っていて、犬に関する知識や接し方を学ぶために犬に関する資格を取得したい人もいるかもしれません。

要点を紹介するキャラクター

 

愛犬との距離がもっと縮まる資格ランキング

犬のことをもっとよく知って愛犬との距離をもっと縮めたいと考えて、犬に関する資格を取ろうとする人が増えています。

 

犬に関する資格の中で人気なのはどんな資格でしょうか?おすすめの資格をランキング形式で紹介したいと思います。

 

画像名を入力

ドッグトレーニングアドバイザー資格の特徴

日本生活環境支援協会が試験を実施し、資格を認定しています。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
ドッグトレーニングアドバイザー資格の総評
  • 家庭の犬に関する基礎的な知識
  • トレーニングの正しい方法を身につける
  • 自宅で受験することができます
公式サイトへ

 

画像名を入力

犬のしつけインストラクターの特徴

資格取得後は、犬のしつけインストラクターとして仕事ができ、自宅やカルチャースクールで講師として働くことができます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
犬のしつけインストラクターの総評
  • 犬の性格に合わせたしつけの方法
  • 首輪やハーネス、知育玩具を使ったしつけの方法
  • 悪い癖をなくすための対策
公式サイトへ

 

まず第1位は「ドッグトレーニングアドバイザー資格」です。

後ほど詳しく紹介しますが、簡単に言うと、家庭の犬に関する基礎的な知識、トレーニングの正しい方法を身につけることで認定される資格です。

 

日本生活環境支援協会が試験を実施し、資格を認定しています。

 

第2位は「犬のしつけインストラクター」です。

この資格のために勉強することで、犬種によるしつけの違い、首輪やハーネス、知育玩具を使ったしつけの方法を学ぶことができます。犬の性格に合わせたしつけの方法、悪い癖をなくすための対策できるようになります。

 

資格取得後は、犬のしつけインストラクターとして仕事ができ、自宅やカルチャースクールで講師として働くことができます。

 

一番オススメなのは「ドッグトレーニングアドバイザー資格」

ドッグトレーニングに関する基礎的な知識
自宅で受験することができます
試験は偶数月に行われています

ランキングで紹介した通り、愛犬との距離を縮めるためにオススメの資格は「ドッグトレーニングアドバイザー資格」です。これは、日本生活環境支援協会(JLESA)という団体が認定している資格です。ドッグトレーニングに関する基礎的な知識を有していることを認定する資格です。

 

どのような知識でしょうか?例えば、アイコンタクト、ハンドサイン、おすわり、伏せ、待て、おいで、甘噛み、玄関チャイムへの反応、来客への対応、室内のトイレの仕方、屋外でのトイレの仕方、散歩などに関するトレーニングスキルです。受験資格は特にありません。

 

受験料として10,000円が必要です。受験の申請はインターネットで行い、自宅で受験することができます。試験は偶数月に行われています。

 

平成29年は2月、4月、6月、8月、10月、12月に実施されます。年に6回行われるので、自分のタイミングに合わせて自由に時期を選ぶことができます。

 

受験申込期間は試験実施月の前の1ヶ月間です。つまり、12月に試験を受けたい場合は11月1日〜11月30日までに申し込む必要があります。日本生活環境支援協会の公式ホームページから申し込んでください。試験実施月の20日から25日が試験期間となります。

 

試験期間中に送られてきたものに解答し、それぞれ月末の提出期限までに返却用の封筒で解答用紙を送り返してください。合否通知は試験実施月の翌月20日に発送されます。全体の70%以上の評価で見事合格となります。

 

ドッグトレーニング資格はこちら

 

まとめ

犬との良い関係を保ち、飼い主も犬も幸せに暮らしていくためには、しつけやトレーニングは必要不可欠です。しつけとは、飼い主が指示しなくても習慣的に行うようにすることです。一方でトレーニングは飼い主の指示に従うよう訓練することです。

 

どちらもペットとの絆を深めるため、また他の人に迷惑をかけないようにするために絶対に必要なことです。犬を成犬になってから訓練するのは大変難しいことです。悪い癖が治らない場合はドッグスクールに預ける人もいるので、素人にはとても難しいことがわかります。

 

ですから、子犬のうちにしつけやトレーニングを行うことは大切です。そのためにも、犬を飼うための心の準備やグッズの準備とともに、トレーニングに関する知識を取り入れることも、犬を飼い始める前から積極的に努力して行っていきましょう。トレーニング知識を取り入れることも犬を飼うための準備と考えるようにしてください。

 

基礎的な知識を得るために、資格取得を目指して勉強する人もいます。ドッグトレーニングアドバイザーや犬のしつけインストラクターの資格について紹介してきました。資格を取ることは自分の知識や技術の腕試しになりますし、他の人への証明ともなります。

 

仕事をすることもできますし、仕事まではしないとしても、ペット仲間にアドバイスしたり、トレーニングの仕方を教えてあげることができるようになるかもしれません。そのようにして、ペットの良さを広めていったり、ペットのしつけに悩んでいるペット仲間を助けることができたらとてもすばらしいことです。

更新履歴