犬に芸を教えてみよう

 

芸をする犬の映像がテレビで紹介されたり、ネット動画にアップされることがあります。犬の賢さに感心しながらも、どうやって芸を教えたんだろうという点も気になります。可能であれば自分の愛犬にも教えこんで、友だちに自慢したいと思うかもしれません。

 

犬に芸を教える時のコツなどはあるのでしょうか?ここでは「バーン」や「ちょうだい」といった芸を教えるコツを紹介します。

 

バーン!を教えるコツ

「バーン」という芸は、飼い主が指を拳銃に見立ててバーンと撃つ真似をすると、犬がひっくり返って死んだふりをするというものです。よく成功している人たちを見ますが、どのように教え込んでいるのでしょうか?用意するのはごほうびとなるエサやおやつです。

 

まず基本として「伏せ」ができるようになっている必要があります。伏せの状態で待たせて、おやつを犬の鼻先に近づけます。犬の鼻先に当てたまま徐々に犬のお尻の方へ持っていきます。

 

犬がごほうびのおやつにつられて、ゴロンと転がって仰向けになる瞬間、「バーン!」と言ってください。上手にできたら誉めておやつもあげます。

 

何度も繰り返していくうちに、バーンと言っただけでひっくり返るようになります。そこまでできたら飼い主の手の動きを付け加えれば芸の完成です。

 

ちょうだい!を教えるコツ

別の芸で「ちょうだい」というものがあります。呼び方はいろいろあると思いますが。犬が床にお尻をつけたまま前足をあげて何かを欲しがるような仕草の芸です。

 

基本のしつけとして、お座りができていけないといけません。お座りをさせた後、ごほうびのおやつを鼻先に近づけます。おやつを持った手を犬の鼻先にあてたまま徐々に高くしていき、おやつにつられて前足があがった瞬間、「ちょうだい!」と言いましょう。

 

上手にできたら誉めてごほうびのおやつもあげます。何度も繰り返すと、指示語と動作が関連付けることができます。

 

まとめ

犬に芸を教え込むためのコツは、繰り返し行うことです。また、飼い主もペットも楽しく行わなければ意味がありません。

 

遊びながら芸を教えていき、誉められたりごほうびがもらえる楽しい時間だというイメージを与えましょう。犬の集中力はそんなに長くないので、トレーニングは短く毎日行う方が効果的です。

関連ページ

ドッグトレーナーになるには
動物好きであれば、動物に関わる仕事をしてみたいと考えるかもしれません。動物の中でも特に犬が好きなら、ドッグトレーナーを目指してみてはどうでしょうか?毎日犬と触れ合って犬の気持ちや考え方をよく理解し、犬の訓練に関するプロになることができます。
ドッグトレーニング資格を取るには
犬好きの人の中には、できれば毎日犬と関われる仕事に就きたいと考えている人がいるかもしれません。そんな人にドッグトレーナーはおすすめの職業です。
犬のしつけを成功させるコツ
犬をしつけるのは飼い主の責任です。きちんとしつけられた愛犬は他の人の迷惑になることは少ないですし、良い印象を与えます、どんな飼い主でも自分の飼い犬は賢く思われたいはずです。
愛犬のしつけに欠かせないグッズ
愛犬をしつけるのは飼い主の責任です。きちんとしつけることは、他の人の迷惑にならないようにするために必要ですし、主人と愛犬の関係においても重要なことです。