ドッグトレーナー

 

動物好きであれば、動物に関わる仕事をしてみたいと考えるかもしれません。動物の中でも特に犬が好きなら、ドッグトレーナーを目指してみてはどうでしょうか?毎日犬と触れ合って犬の気持ちや考え方をよく理解し、犬の訓練に関するプロになることができます。

 

ドッグトレーナーになるためには資格が必要でしょうか?ドッグトレーナーという仕事についてまとめてみましょう。

 

ドッグトレーナーってどんな仕事?

ドッグトレーナーとは、一般家庭の愛犬を預かって飼い主の代わりにしつけをする職種の人のことです。犬が人間と共同生活をしていく上で必要なしつけを行います。ドッグトレーナーが行う1つの仕事は、子犬の訓練です。

 

人間との暮らし方を全く知らない子犬に共生の仕方を一から教えていきます。食事のルール、留守番の仕方、来客への接し方、トイレのしつけ、散歩の仕方などを教え込みます。また、ドッグトレーナーは問題行動のある成犬の訓練もします。

 

問題行動で手に負えない犬を飼い主がドッグスクールに預けることがあります。どんな問題かというと、吠え癖がある、噛みつき癖がある、急に人にとびかかってしまう、トイレが決まった場所にきちんとできない、飼い主の指示をきかない、といった問題です。悪い癖を訓練で矯正して、再び飼い主の元に返すのです。

 

また、ドッグトレーナーは飼い主に飼い方やしつけのアドバイスをするという重要な仕事もあります。犬のトレーニングやしつけに関する幅広い知識と、犬と信頼関係を気づくための才能や、繰り返し教え込むための辛抱強さや忍耐力が必要な職業です。

 

ドッグトレーナーになるために資格は必要?

ドッグトレーナーになるために国家資格は必要ありません。しかし、特殊な知識や技術、経験が求められる職業ですから、民間の資格を取得しなければ就職は難しいでしょう。資格を取るには、養成学校や専門学校に通って学ぶ方法と、通信講座で学ぶ方法があります。

 

学校で学べば、直接犬と触れ合う講習を受けることができます。通信講座であれば、自宅で学習しながら資格を取得することができます。

 

まとめ

ドッグトレーナーになるために特別な資格は必要ありませんが、専門的な知識、技術、経験が必要なので、民間の資格を取得することをお勧めします。

 

資格取得後は、ドッグトレーニングスクールに就職するか、講師としていろいろな所に派遣されて教えることになるでしょう。

関連ページ

ドッグトレーニング資格を取るには
犬好きの人の中には、できれば毎日犬と関われる仕事に就きたいと考えている人がいるかもしれません。そんな人にドッグトレーナーはおすすめの職業です。
犬のしつけを成功させるコツ
犬をしつけるのは飼い主の責任です。きちんとしつけられた愛犬は他の人の迷惑になることは少ないですし、良い印象を与えます、どんな飼い主でも自分の飼い犬は賢く思われたいはずです。
愛犬のしつけに欠かせないグッズ
愛犬をしつけるのは飼い主の責任です。きちんとしつけることは、他の人の迷惑にならないようにするために必要ですし、主人と愛犬の関係においても重要なことです。
犬に芸を教える時のコツ
芸をする犬の映像がテレビで紹介されたり、ネット動画にアップされることがあります。犬の賢さに感心しながらも、どうやって芸を教えたんだろうという点も気になります。